不具合の履歴

戻る

 以下は、2015年5月29日以降に見つかったサクラスケジューラの不具合の履歴です。不具合を修正した最新版をご要望の方は、大変お手数ですが、お問い合わせページよりインストール CD-ROM の再送をご依頼ください。

戻る

 【 バージョン 4.10.x.x 】

2016/09/294.10.0.3ガントチャートの矩形の数量の単位が、単位マスタの設定に関わらず「個」になっている。
2016/09/144.10.0.2残数量がある部分作業の加工時間に後固定時間が足されている。
2016/09/094.10.0.1マシンと人員のカレンダーが異なる場合、時刻の加算やシフトが間違っており、作業が割り付かない日が生じる場合がある。

戻る

 【 バージョン 4.9.x.x 】

2016/08/254.9.0.3DBを利用している場合、スケジュールを作成後にサクラスケジューラを再起動すると、スケジュールが消えている。

戻る

 【 バージョン 4.8.x.x 】

2016/07/014.8.0.1LR_G_Scheduler(既定ロジック)と GA_G_Scheduler を使った場合、完全に山崩しされない場合がある。

戻る

 【 バージョン 4.6.x.x 】

2016/05/134.6.0.8工順に工程が1つしかない場合、完全に山崩しされない場合がある。
2016/04/234.6.0.6スケジューリング設定で、時刻配列サイズ=時刻ゼロ位置+最大時刻、の等式が成り立つ場合に範囲外のエラーとなる。
2016/04/144.6.0.5サイクルタイム、段取り、利用治具マスタを設定していないにも関わらず、「サイクルタイムのデータファイルサイズ ?GB が 1GB を超えています」のメッセージが表示される。
2016/04/114.6.0.4スケジューリング途中でキー重複の例外が発生する場合がある。
2016/04/094.6.0.4バックワード(納期厳守)のスケジューリングで完全に山崩しされない場合がある。
2016/03/264.6.0.0実績入力した完了作業があるとき、先行関係制約を破る場合がある。

戻る

 【 バージョン 4.5.x.x 】

2016/03/164.5.0.3タイムフェンス計画でジョブを取り込むとき(フェンス日数0日)、同じジョブ Excel を取り込んでいるにもかかわらず、初回と2回目でスケジューリング結果が異なる。
2016/03/014.5.0.1スケジューリング結果の人員と治具の情報が正しく画面に移送されていない。

戻る

 【 バージョン 4.4.x.x 】

2016/02/044.4.0.5重み順の割付を強制する設定の場合、LR_G_Scheduler を使ったスケジューリングが非常に遅い。
2016/01/234.4.0.2稼働率チャートの稼働率が正しく計算されていない。

戻る

 【 バージョン 4.3.x.x 】

2015/12/184.3.0.6マシンカレンダーの停止日が有効になっていない。
2015/12/144.3.0.5利用可能人員または治具が0になる時刻があると、「インデックスが配列の境界外です。」のエラーとなる場合がある。
2015/12/084.3.0.4LR_G_Scheduler で、固定ジョブがある場合に完全に山崩しされない場合がある。
2015/12/034.3.0.3担当マシンマスタの取込時に、同一マシンで工程の「*」指定と個別指定を混在させると「同一のキーを含む項目が既に追加されています。」の例外となり、起動できなくなる。
2015/11/294.3.0.2再起動すると、ワークセンタ一覧の能力や計画負荷などが0になってしまう。
2015/11/254.3.0.2ラグランジュ緩和(分解・調整)法で、同じデータでスケジューリングを繰り返すと目的関数値などが微妙にぶれる場合がある。
2015/11/164.3.0.1遺伝的アルゴリズムを使った場合、完全に山崩しされない場合がある。

戻る

 【 バージョン 4.2.x.x 】

2015/10/254.2.0.1重み順のジョブ毎の割付を有効にしている場合に、納期の昇順に割り付けられない。
2015/10/254.2.0.1重み順のジョブ毎の割付を有効にしている場合に、任意のジョブの工順を編集してスケジューリングすると、重み順のジョブ毎の割付になっていない。
2015/10/234.2.0.0ジョブを取込後、任意のジョブの工順を編集してスケジューリングすると、「カレンダー(Default)に稼働時間が見つかりませんでした。」のエラーになる。

戻る

 【 バージョン 4.1.x.x 】

2015/09/204.1.0.0納期厳守で平行工程がある場合に、LR_G_Scheduler でマシンが完全に山崩しされない場合がある。

戻る

 【 バージョン 4.0.x.x 】

2015/09/074.0.0.0ジョブガントチャートで製品品目を右クリックすると表示されるエクスプローラに下位品目が表示されない。
2015/08/014.0.0.0EDP 生産管理システムからジョブを取り込むとき、部品ジョブの自動生成をしない場合に製番が重複して取り込めない。

戻る

 【 バージョン 3.5.x.x 】

2015/07/313.5.0.0マスタ Excel とジョブ Excel が正しいフォーマットで出力されない。

戻る

 【 バージョン 3.4.x.x 】

2015/07/153.4.0.1LR_G_Scheduler と LR_H_Scheduler でマシンおよび人員が完全に山崩しされない場合がある。
2015/07/123.4.0.1所要量展開に基づいて部品ジョブを自動生成する場合に例外が発生する。
2015/07/043.4.0.0加工時間が 0分の作業が多数ある場合に、LR_G_Scheduler と LR_H_Scheduler を使ったスケジューリングが応答しなくなる場合がある。
2015/07/023.4.0.0同時刻の割付候補が全作業数の場合に、 LR_G_Scheduler と LR_H_Scheduler を使ったスケジューリングで例外が発生する。

戻る

 【 バージョン 3.3.x.x 】

2015/06/173.3.0.4実績取込で、既存のジョブにない製番の実績があると例外が発生する場合がある。
2015/06/163.3.0.4データ共有フォルダの設定がある場合で、それらのフォルダにアクセスできないとき、起動時に例外が発生する。
2015/06/133.3.0.4サクラスケジューラ設定で生産モデル設定を組立生産にした後、加工生産に戻すと「ジョブ」メニューが表示されなくなる。
2015/06/083.3.0.4サイクルタイムが設定されているバックアップデータをリストアすると例外が発生する。
2015/05/303.3.0.2サンプルのマスタ Excel を取り込んで、既定の LR_H_Scheduler ロジックでスケジューリングすると目的関数値の改善率がマイナスになる。
2015/05/293.3.0.2印刷プレビュー画面で「印刷」ボタンをクリックすると例外が発生する。

戻る